通信制高校という選択肢

サポート校で勉強をしたり専門学校などで通いながら学ぶケースも

定時制と通信制の場合働きながらでも卒業資格を得ることが可能 | 通信制高校のメリットは費用が安いこと | サポート校で勉強をしたり専門学校などで通いながら学ぶケースも

基本的には最短3年での卒業ですが単位制の学校の場合には、在籍している限りは何年でも時間をかけて卒業を目指すことができます。
なお、必修科目をすべて習得し、このほか履修認定を含めて74単位が必要です。
授業の基本は自己学習ですが、レポートを提出することが求められます。
レポートは学校によって異なりますが、レポートの提出は郵送のほかインターネットを活用して行われ、添削指導を受けます。
レポートの内容は学校で異なりますが、多くは穴埋め問題が多いとされます。
一方でスクーリングは面接指導があります。
これは教師と面談して指導を受けることですが、わからないところを質問することもできます。
回数は学校で異なり月2回としているところもあれば週5日と全日制と変わらないようなものから、最後に5日程度の合宿を行って集中的に行うなどさまざまです。
また通信制高校では、完全に自己学習とするもののほか、サポート校で勉強をしたり、専門学校などで通いながら学ぶケースもあります。
いずれにしても卒業することで高校卒業資格を得ることができます。

義務教育が変わり始めるのも時間の問題だと思います。


『不登校』という言葉が意味をなさない時代がやってきます。


学校法人角川ドワンゴ学園「N中等部」、2019年4月に開校 中学生にとっての新しい学びの選択肢を実現 | N高等学校(通信制高校 広域・単位制) https://t.co/gARCO28PBg

— ラオスのジーコ🌅現在富山 (@laolaos_koji) 2018年9月13日

通信制高校 : ぶっちゃけ!通信制高校