通信制高校という選択肢

通信制高校のメリットは費用が安いこと

また通信制高校のメリットとして費用が安いことです。
公立の場合には3年間で10万円程度ですし、私立でも年間30万円から90万円程度と全日制に通うよりも極めて費用を抑えて高校卒業資格を得ることが可能です。
私立の場合には特色のあるカリキュラムを設けているところもあるなど選択肢も多くあります。
通信制高校の流れとしては、まずは学校を選びます。
それぞれに特色があり、また入学するさいに試験や面接、また審査などが学校により用意されています。
試験なしで入学できるところもありますから、自分に合ったものを選ぶことが大事です。
さらに一定日数は登校する必要がありますが、学校によっては最後に合宿という形で行うところもあります。
毎月通う場合には通いやすいところを選ぶことが無理なく続ける上では重要です。
なお、募集は校舎を用意しなければならない全日制や定時制とは異なり、春以外にも秋にも行っているところもあるほか、随時募集を行っているところもあります。
無事に入学できれば勉強を開始しますが、卒業するためには学習成果を見るためのレポート作成、定期的な登校であるスクーリング、そしてテストです。

定時制と通信制の場合働きながらでも卒業資格を得ることが可能 | 通信制高校のメリットは費用が安いこと | サポート校で勉強をしたり専門学校などで通いながら学ぶケースも

通信制高校ぶっちゃけ!通信制高校